NEWS

  • NEWSトップページ
  • 食創造科学科食品科学研究室の豆腐を用いた食べられるインクの開発研究がJournal of Food Engineeringに掲載されました。

学内情報

2022.8.23
食創造科学科食品科学研究室の豆腐を用いた食べられるインクの開発研究がJournal of Food Engineeringに掲載されました。

食創造科学科食品科学研究室(有井教授)が取り組んでいる、豆腐を用いた食べられるインクの開発に関する研究成果がJournal of Food Engineeringに掲載されました。

食品科学研究室では、長年培ってきた豆腐研究の知識と技術を活かして、食べられるインクの開発に取り組んでいます。食べられるインクの開発は、食品用3Dプリント技術の課題の一つです。本研究では、豆腐とデンプンを混合したインクにおいて、高い構造構築能に必要な条件を示し、インクの栄養バランスの重要性についても提言しています。

有井教授は、「食における3Dプリント技術は食が抱える様々な問題を解決できると期待されています。完全栄養食という形のインクを作りたい。実用化に向けては、まだまだ乗り越えるべき課題がありますが、一つずつ解決していきたい」と語っています。

なお、本研究は、村上くるみさん、宮本歩実さんが卒業研究で取り組んでくれたものをまとめたものとなります。また、研究の一部は文部科学省科学研究費補助金基盤(C)22K02191で実施されました。

 

原著論文はこちらから
食品科学研究室のHPはこちらから

 

この記事についての詳細は、本学ホームページを是非ご覧ください。

食創造科学科食品科学研究室の豆腐を用いた食べられるインクの開発研究がJournal of Food Engineeringに掲載

ページTOP

武庫川女子大学 教育研究社会連携推進室

社会連携推進課

〒663-8558 兵庫県西宮市池開町6-46
中央キャンパス 本館5階
電話:0798-45-9854

copyright© Mukogawa Women's University all rights reserved.